不動産登記の確認、預貯金の調査、出資金や国債、株式等の財産をを一通り調べ終わって、もう他に財産はないなと判断して遺産分割協議書を作成した。

その後、新たに預貯金が見つかってしまった場合どうするのか?

遺産分割協議後に見つかった新たな財産

遺産分割協議が成立した後に新たな相続財産が見つかった場合、新たに発見された財産についてのみ、遺産分割協議が必要になります。

1度目の協議は成立しているので、新たに協議する必要はありません。

新たに見つかった財産についてまた協議するの?

何度も相続人全員で協議するのは難しい!と言いたい気持ちはわかります。

相続人全員が近くに住んでいれば問題ありませんが、遠方に住んでいる方であれば相続人全員で集まる機会はそうありません。

 

協議成立後に財産が見つかることも考えた上で協議書を作成する

遺産分割協議成立後に新たな財産が見つかることを考えた上で協議書を作成することをおすすめします。

どのような内容の協議書を作成するのかというと、すでに見つかっている財産については協議書に記載します。

その上で新たに見つかった場合、どのような処理をするのかを協議書に記載しておきます。

そうすることによって、遺産分割協議成立後に新たな財産が見つかったとしても、その財産について協議を行うことなく相続手続きを進められるようにできます。

記載例

新たに発見された財産について協議を行うことを防ぐためには、協議書に処理の内容を記載します。

この例は、新たに発見された遺産を相続人の1人が取得する内容です。

「相続人全員は本遺産分割協議の時点で判明していない被相続人の遺産が後日発見された場合は、相続人   が取得することに合意した。」

適宜それぞれの状況に合った、内容を記載すると良いでしょう。