お父さんが残した遺言書を相続人全員で確認したけど・・・

「この内容に従わなきゃいけないの?」

と思ってしまう内容の遺言書だった場合、絶対その遺言書に従わなければならないのか?

遺言書と違う内容の遺産分割も可能

相続人全員が遺言書の内容に疑問があって、この内容で進めたくない!と思っている場合でも「遺言書は優先しなきゃいけないの?」と考えてしまいます。

遺言書は遺言者が残す「最後の意思」なので、その意思は最大限尊重して扱わなければいけません。

しかし、最大限尊重しなければいけませんが、遺言書は遺言者の意思を尊重すべきことを求める趣旨ではありません。

なので、相続人全員の意思が合致すれば遺言内容とは違う遺産分割協議を成立させることも可能です。