経営業務管理責任者と専任技術者の要件を満たすには「常勤」でなければなりません。

常勤に関しては大前提なのですが、他にも兼任禁止があり、「他の会社等で経営業務管理責任者や専任技術者、宅地建物取引主任者等、専任性を要するとされる者」と兼ねることはできません。ただし、同一企業で同一の営業所である場合は、兼ねることができます。

例えば、複数の会社の取締役をしている場合、「A会社で経営業務管理責任者として設置されているのを知らずに、B会社の経営業務管理責任者として設置するような場合」です。

この場合には、B会社の経営業務管理責任者になることはできません。

これは専任技術者にも言えることです。

安易に「名義貸し」をできないように厳しく取り締まっているので、虚偽の申請をしてしまうと罰金や今後の許可にも影響してしまうので注意しなければなりません。

経営業務管理責任者と専任技術者の兼任

すでに経営業務管理責任者と専任技術者として設置している人は他の会社の経営業務管理責任者と専任技術者にはなれないけど、自社の場合はどうなの?

同一の営業所に限られますが経営業務管理責任者として設置されている人を専任技術者としても設置したい場合は兼任が認められます。

実際に社長が経営業務管理責任者と専任技術者を兼任している会社も多いです。