行政書士に相続の手続きを依頼すると、以下の手続きを相続人様に代わって行います。

相続財産の調査

亡くなった人の財産がどこに、何があるかわからない場合の調査をすることができます。

例えば、銀行口座・有価証券・貸金庫・生命保険・宝飾類・借金等を調査します。
最終的に、相続財産を名目別に分けた、相続財産目録を作成します。

相続人の調査

相続財産を受継ぐためには、すべての相続人を確定させなければいけません。

そのため相続人になりうる方の戸籍を集める必要があります。
相続人を調査し確定したら相続関係図を作成します。

遺産分割協議書の作成

相続財産の調査・相続人が確定したら、相続財産を相続人で分ける協議を行います。

この協議を遺産分割協議と呼び、相続人がどの財産を受継ぐのかを相続人内で決定します。

遺産分割協議の決定には相続人全員の合意が必要となります。
協議が確定し相続人全員の合意が取れれば、遺産分割協議書にその内容をまとめ、その証拠として協議書に相続人全員の署名・捺印を押して協議が確定したことを残します。

行政書士は相続人を調査し、まとまった協議の内容を遺産分割協議書として書面を作成します。

ただし、協議の参加はできません。

当職では、遺産目録作成、相続財産の調査を経て遺産分割協議書を作成し

司法書士との連携において相続登記までをトータルに承ります。