相続人は、被相続人の一切の権利義務を相続します。

つまりプラス財産、マイナス財産も受け継ぐこととなります。

それぞれ、どのような財産があるのか確認することが大事です。

プラスの財産よりもマイナスの財産の方が明らかに大きい場合は相続の放棄も考えなければなりません。

財産の種類

  • プラスの財産

現金・預貯金
不動産(土地・家屋)
不動産上の権利(地上権・賃借権・抵当権など)
動産(自動車・貴金属・骨董品)
有価証券(株式・国際・手形)ゴルフ会員券
その他債権(売掛金・貸付金・損害賠償請求権)
知的財産権(著作権)
生命保険(故人が受取人のもの)
電話加入権

  • マイナス財産

借金・ローン・保証債権
公訴公課(税金・社会保険料)
買掛金
損害賠償権

  • 相続財産ではないもの

祭祀財産(墓地・仏壇・位牌・遺骨など)
香典・葬儀費用
生命保険(詳しくは保険会社にお問い合わせください)
死亡退職金・埋葬料