亡くなった人の所有していた財産は原則「相続人」が引き継ぐことになります。(遺言書があれば相続人以外の人に対しても財産を相続させることができます。)

相続が発生するとまず、「財産の確認」と「相続人の確定」という作業が必要になります。

財産の確認はなぜ必要なのか?

なぜ、財産の確認が必要なのか?

それは、「相続人は亡くなった人の財産を引き継ぐ」からです。

財産を引き継ぐなら、確認なんて必要ないでしょ!と思ってしまいますが、財産と言っても「プラスの財産」と「マイナスの財産」があるのでプラスの財産よりマイナスの財産(借金や債務)の方が多ければ、最悪の場合、相続人はその借金を相続してしまいます。

なので、財産の確認はしっかりやらなければなりません。

財産を確認するには

財産の中でも大きな割合を占めているのは「不動産」「預貯金」です。

不動産であれば「権利書」「登記識別情報通知書」「固定資産税納税通知書」などで所有している不動産を確認することができます。

通常この3つの書類があれば所有している不動産を確認することができます。

ただし、不動産等を運用している方や自宅の他に複数の不動産を所有している方はこの3つ以外の方法でも確認することをお勧めします。

不動産の確認方法

不動産の確認方法は「権利書」「登記識別情報通知書」「固定資産税納税通知書」で行いますがこの他にも「名寄帳(課税台帳)」と呼ばれる、「その人が所有している不動産の一覧」がわかる書類があります。

名寄帳を取得すれば「固定資産がかかっていない農地や山林、原野」も調べることができます。

名寄帳の取得方法

所有している不動産を確認できる「名寄帳(課税台帳)」は以下の場所で閲覧、写しの請求をすることができます。

  • 総合庁舎2階税務部税制課諸税係

住所:070-8525 旭川市6条通9丁目(総合庁舎)

  • 各支所の窓口(神居支所・江丹別支所・永山支所・東旭川支所・神楽支所・西神楽支所・東鷹栖支所)

名寄帳(課税台帳)で確認できる項目

名寄帳で確認できる不動産の項目はこちらです。

  • 物件の所在
  • 地番又は家屋番号
  • 地積又は床面積
  • 評価額
  • 課税標準額
  • 年税額

名寄帳(課税台帳)の交付請求書と委任状

名寄帳を取得するには窓口で交付請求書を提出します。

相続人であれば委任状がなくても亡くなった方との関係を証明できる戸籍謄本と身分証明(免許証、健康保健証、パスポート等)を用意していけば請求することができます。

交付請求には手数料300円がかかります。

納税証明交付請求書ページ

預貯金の確認方法

預貯金の確認方法といっても「名寄帳」のような所有している銀行口座の一覧を照会できるようなものはないので、亡くなられた方の保管している銀行通帳から確認します。

銀行通帳であれば生前から預貯金の引き出しや預入を子供に任せたりしている人も多いので確認は比較的簡単ではないでしょうか。

ただし、定期預金や定額貯金など頻繁にお金の出し入れをしない口座の通帳はなくしてしまう人も多いです。

実際に通帳はありませんでしたが、照会をかけると数百万円の定期が見つかった事例もあります。

なので、手元にある通帳以外にも預貯金がある可能性も考える必要があります。

預貯金を見つけるには

把握できない預貯金を見つけるには、「金融機関」で預貯金の調査を行う必要があります。

全ての金融機関で調査を行うとなると時間と手間がかかってしまうので、基本的にはお住まいの近くの金融機関に絞って調査を行います。

例えば、いつも決まった場所で買い物をしている人は通り道にある金融機関を使っていたり、趣味や習い事をしている人はその場所の近くの金融機関を使っていたりします。

預貯金の調査を行うには

亡くなられた方の預貯金の調査を行うには、調査を行う本人(相続人)と亡くなられた方の関係を証明する戸籍謄本が必要になります。

相続人以外の人が調査を行うには、相続人からの「委任状」が必要になります。